つむじハゲの原因と対策について

つむじからどんどん毛が薄くなっていくのがつむじハゲです。

つむじハゲは、最初こそさほど気にならないですが、知らず知らずのうちに薄毛の範囲が徐々に広がっていきます。気付いた頃にはつむじの周囲に髪がほとんど残っていなかった、といったケースもあります。

つむじは鏡などでも確認しづらく、普段は意識することも少ない場所だからです。

そのため、つむじハゲに気が付いていない、手で触って初めて気が付いた、という方も少なくありません。

つむじハゲの原因

つむじハゲになる原因は、頭皮の血行不良髪の栄養不足、男性ホルモンのバランス異常などがあります。

パーマやヘアカラーなど、髪と頭皮へ大きな負担をかけるものも注意が必要です。

そのほかにも外的なものとして、ストレスなどもつむじハゲを進行させる大きな要因となります。現在ハゲていなくても、心当たりのある方は注意しておいたほうが良いでしょう。

特にヘアカラーなどで髪へダメージを与え続けると、毛が細くなったり毛根が弱り、抜けやすくなってしまいます。

つむじハゲの対策

つむじハゲの原因を知ったら、次に対策が必要です。

まず頭皮を清潔に保ち、ダメージを与えないように心がけましょう。具体的な方法としては、フケをためないようにしっかり頭皮をシャンプーで洗い、カラーリングやブリーチ、パーマなどを極力控えるようにします。

つむじハゲになったらカラーリングは絶対に止めておきましょう。この二つを意識するだけでも予防できますし、進行を防ぐことも可能です。つむじハゲは改善しやすいため、日頃からのケアを怠らないようにしましょう。

場合によってはライフスタイルを見直すことも必要になります。

食生活を改善したり、睡眠をしっかり取るようにしましょう。頭皮の血行を良くするためマッサージもおすすめです。たとえ食事を見直してバランスを改善したとしても、頭皮と髪に栄養が行かなければ意味はありません。

頭皮マッサージで血行を良くし、ちゃんと栄養が届くように改善していきましょう。