ストレスが薄毛に与える影響

ストレス社会という言葉があるとおり、日常生活でストレスが溜まる機会は決して少なくありません。職場や自宅など、人によっては様々なシーンでストレスを感じることがあるでしょう。このようなストレスは、心と体両方に計り知れないほどの影響を与えます。

stress

特に強い影響を受けてしまうのが、頭皮髪の毛で、薄毛の原因にもなっているのです。

気が付かないうちにストレスが溜まり、薄毛になってしまう方もいます。逆に薄毛の原因が分からずストレスとなって蓄積した結果、さらに薄毛になるという悪循環におちいるケースも珍しくありません。

ストレスと自律神経と薄毛

体は交感神経と副交感神経という、二つの自律神経によってバランスを維持しています。

ストレスが溜まると自律神経は乱れてしまい、体の血流が悪くなります。すると栄養が体内に行き届かなくなり、内蔵などの働きが衰えてしまうのです。頭皮や髪は元々栄養が後回しにされる部分となっています。

そのためいったん血流が乱れてしまうと、頭皮や髪に栄養が行き届きにくくなってしまうのです。栄養が足りないため髪が細くなってしまったり、頭皮が不健康になって髪が抜けやすくなります。その結果が薄毛となって現れます。

ストレスによる薄毛は人によってさまざまですが、円形脱毛症になってしまうこともあります。薄くなったり抜け落ちる部分に個人差があるため、ストレスが原因になっていることに気が付きにくいのです。

薄毛の原因を探る際には、まずストレスを疑ってみることも大切と言えるでしょう。

ストレス解消は小さいことをコツコツと

ストレスを解消することで薄毛を改善または予防することもできます。意識しないことも重要ですが、ストレス発散方法を見つけ、ため込まない努力をすることが一番大切です。

就寝前のストレッチや、大きな声を出すなどの発散方法もあります。大声はカラオケなどで出せますが、忙しくて行く時間が無い方はストレッチをしてみましょう。

就寝前のストレッチは適度に体がリラックスし、安眠を誘います。そして安眠によって、ストレスを和らげることが可能です。