薄毛と食生活の関係 暴飲暴食の悪影響

食生活が乱れると、体にも様々な影響を及ぼして、人によってどんな影響が出るかそれぞれ違います。

しかし、中には髪の毛に影響が出て薄毛になってしまう方も少なくありません。栄養不足がダイレクトに響くのが髪の毛だからです。ざっくりいうと↓こういう感じです。

栄養と髪の毛の関係

  1. 偏った食生活でバランスが乱れてしまう
  2. 栄養にも偏りが生じてしまう
  3. 髪の毛に必要な栄養分が不足して行き渡らなくなる
  4. 毛根が弱くなり髪の毛がやせ細ってしまう

食べ過ぎ・飲み過ぎは栄養バランスが崩れるだけでなく、髪の毛にも悪影響を与えます。

薄毛の原因になりやすい食生活

薄毛の原因の一つにもなる食生活は、体の健康を維持するためにも重要です。もし心当たりのある方は早急に改善したほうが良いでしょう。

偏った食事を止め、バランスの良い食生活を心がけることが大切です。ランチやディナーでいつも脂っこい食べ物が多い方は、野菜や魚などほかの食材もしっかり取ることが重要になります。

一度乱れた栄養バランスはすぐに戻しづらく、習慣化してしまっていることもあるため、意識して食生活を見直す必要も出てくるでしょう。

薄毛に悩む人が控えたい食生活

薄毛に悪い食習慣は、外食暴飲暴食、そして夜食です。

steak-1142527

外食はバランスが偏ってしまいがちで、一日に必要な栄養が不足する一番の原因となり、髪の成長を阻害してしまい薄毛につながります。

暴飲暴食も控えるようにしましょう。こうした食習慣はストレスが原因としても考えられます。暴飲暴食は血流が悪くなり、髪へ栄養が行き渡らなくなります。

就寝前の夜食も同様に血流を悪くするため、控えるようにしましょう。

薄毛の改善が期待できる食べ物

薄毛に良い食べ物は、タンパク質やビタミン、コラーゲンを多く含むものです。

タンパク質は大豆や乳製品に多く含まれています。ビタミンはAとEそしてB群が重要で、緑黄色野菜、ナッツ類、大豆、玄米などがおすすめです。

コラーゲンは豚に多く含まれていて、山芋、オクラといった粘りが特徴の食品もコラーゲンを含みます。

これらをバランス良く食べるようにしましょう。