薄毛の遺伝について 母方の祖父からの隔世遺伝

薄毛はストレスや生活習慣など、さまざまな原因があります。しかしそれが全てというわけではありません。人によっては親の遺伝が薄毛の原因になっていることもあるのです。

dna-1020670

薄毛で悩んでいる方は少なくありませんが、遺伝が原因として考えられる薄毛の割合は少なめです。薄毛で悩んでいる方のほとんどはストレスや生活習慣、食習慣によるものとなっています。ただし遺伝は影響ない、と言い切ることはできませんので注意しましょう。

薄毛の遺伝は母方の影響が強い?

遺伝による薄毛は、母方からの影響が大きいとされています。

赤ちゃんが男の子だった場合、染色体はXYというものになります。このうちX染色体は母親、Y染色体は父親の特徴を受け継ぎます。

母親は父(自分の祖父に当たる)の影響を大きく受けています。薄毛は隔世遺伝と言われており、母方の父親が禿げていた場合、自分もそれを受け継ぐ可能性が非常に高いのです。

隔世遺伝は祖父や祖母の特長が孫に出る、つまり1世代間を空けて見た目などが遺伝することを言います。

もし心当たりのある方は、遺伝が影響を受けているのかもしれません。

薄毛は必ずしも遺伝とは言い切れない、、、でも

しかし、遺伝による影響は人によって大きく変わります。薄毛すべてが遺伝のわけでもありませんし、母方の父が薄いからといって自分もそれを受け継いでいるとはかぎりません。

人によって遺伝するかどうかは異なるのです。母方の父が薄毛でも孫はフサフサ、といったケースも少なくありません。薄毛の中では珍しいケースとも言えるでしょう。

遺伝とはいえ、そのまま放っておけば薄毛が進行してしまう可能性があります。何かしら対策を打ち、実践することが大切です。

クリニックへ行きカウンセリングや治療を受ける方法がベターですが、育毛剤のような一般的な方法でも対処はできます。遺伝が原因でも、しっかりと対策を取れば問題はありません。

ほかの原因が重なって薄毛になることのほうが多くなっているので、生活習慣の見直しなどに重点を置いたほうが良いでしょう。