薄毛の原因は遺伝?ストレス?食生活?一体どれ?

薄毛で悩んでいる方は少なくありません。

薄毛になってしまう理由も人それぞれ異なりますが、多くの方はストレスと生活習慣や食生活の乱れ、男性ホルモンのバランス異常などが原因になっています。

薄毛も生え際が後退してしまう場合や、部分的に薄毛になるものなど、様々な状態があります。これらの薄毛を治療するためには、まず原因をしっかり把握しておかなければいけません。

その上で改善したり、対策を取ることが大切なのです。

実は薄毛の原因は【ストレス】かも!?

薄毛でもっとも多い原因とも言えるのがストレスでしょう。

ストレス イメージ

私生活でストレスが溜まらない方はほとんどいません。誰もが知らないうちに小さなストレスを溜め込んでいます。ストレスは体にさまざまな悪影響を及ぼしますが、人によってはそれが頭皮の状態に現れることもあります。

それが薄毛であり、ストレスが積み重なって生え際が後退したり、円形脱毛症になることも少なくありません。

ストレスを溜めない工夫や、発散方法を見つける必要が出てくるでしょう。

薄毛対策で生活習慣も見直しましょう

生活習慣や食生活の乱れも薄毛の原因となります。特に影響を与えるのが夜更かし睡眠不足です。

昼寝 イメージ

つい遅くまで起きる癖が付いている方、寝付きが悪く朝スッキリ目が覚めない方は要注意で、睡眠バランスの改善が必要になります。

食生活の場合、栄養バランスの乱れが薄毛の原因となっています。亜鉛が不足していると薄毛になりやすく、男性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。亜鉛不足が最初に現れるのが薄毛なのです。

しかしサプリメントで補給するなど、対策は取りやすいと言えるでしょう。

ホルモンバランスが崩れると薄毛につながります。

男性ホルモンは生活習慣やストレスと密接な関係にあります。ストレスが溜まり、生活習慣が乱れると男性ホルモンに影響すると言っても良いでしょう。

タバコのように、体に影響を及ぼす嗜好品もホルモンのバランスを崩すので、禁煙したり、喫煙回数そのものを減らして影響を抑える努力が必要になります。