体臭とストレスの関係とは

今の世の中ではストレスを感じている方は多いです。もはや生活をする中ではつきものと言ってもよいストレスですが、体臭にも悪影響を及ぼす事も多くあります。

okoru

ストレスを感じると体は大きく負荷がかかっている状態になります。見た目には何もしていない状態でも体はその負荷に対応するために大きなエネルギーを使っています。

ストレスと体の酸化が体臭を生む

また、ストレスを多く感じると、体内では酸化という反応が多く起こるようになります。

体内で酸化反応が起こると、体内に存在している酸素が活性酸素という物質に変わります。酸素は元々無害な物質ですが、活性酸素は体内にとても悪い影響を及ぼす物質です。名前を聞いた事がある方もいるかもしれませんが、生活習慣病やがんなど、現代の多くの病気の原因ともなっている物質です。

活性酸素は体内の様々な器官にダメージを与えて、その機能を低下させてしまいます。

そうしてダメージを受けた体内の器官はその正常な機能を失ってしまいます。

食べた物を上手く分解できなくなる、生じた毒素や老廃物などを上手く体外に排出できないなどのケースが多く生じ、体内環境は更にひどくなるという悪循環に陥っていきます。

通常ならきれいに分解されて体外へ排出される物が体内に残る事によって臭いを生じ、それが汗などに溶け込み、臭いを生じるようになるのです。

ストレス解消が大切

ストレスは今の時代では感じないという方は少ないので、自分なりのストレスの対処方法を持っておくのが大切です。

ストレスを感じてもその都度上手く対処ができれば、その悪影響を受けずに済みます。

ストレスは好きな事をしている時には感じにくい、スポーツや運動をしていると感じにくいなど様々な解消法や対処方法があり、どの方法が合うかは個人差があります。

あなたなりの対処方法を身に付けておく事をお勧めします。ストレスは解消すると体臭だけでなくその他の病気の予防にもつながり一石二鳥のメリットがあるので、早めに対策をしておくと良いでしょう。