口臭予防、口臭の対策について

口臭は気付かないうちに臭いを発してしまっている場合も多く、予防や対策をしておく事が大切になります。

口臭の原因は大きく分けて二つあり、まず一つ目が口の中の乾燥です。

乾燥している状態は、唾液の分泌が減っている状態とも言えます。唾液には浄化作用があり、口内の臭いを抑える働きもありますが、乾燥している事で細菌などが繁殖しやすくなります。

もう一つの原因が食べかすが口の中に残っていたり、舌が汚れているという場合です。

これは汚れが残っており、そこに細菌などが繁殖する事で臭いを発する場合です。また、食べた物の臭いがきつい場合は、食べた後に口の中に臭いが残る場合もあります。

これら二つの原因の予防と対策は、まずは水分をきちんと摂るという事です。水分を摂る事で乾燥を防ぐ事ができ、唾液が正常に分泌されるようになります。

口臭予防の対策について

基本として歯磨きを入念に行う事は大前提です。

より気を付けたい方は、食後の30分以内にも歯を磨くと良いでしょう。また、食事をした後に緑茶を飲むと、緑茶に含まれる抗菌作用を持つカテキンと消臭効果のあるフラボノイドという成分が働いてくれて、口内を清潔に保ってくれます。

歯磨きは朝と夜の2回は必ず行う事をお勧めします。朝は就寝中に繁殖した菌などを洗い流すため、夜は一日の中で溜まった汚れを落とすためです。

歯磨きができない場合、塩水でうがいをするのもお勧めです。

口臭予防には舌磨きがおすすめ

少しお金がかけられるという方は、舌磨きも合わせて行うとより効果は高まります。

舌に溜まった汚れを落とし、より臭いを発しにくくなります。汚れや食べかすをきれいに落とすにはフロスもお勧めです。

糸状になっており、これを歯と歯の間に通す事で汚れを落としていきます。これらは比較的安価ですが、器具を使って落としたい場合はジェットウォッシャーもお勧めです。水圧の力で歯ブラシの届かない部分の汚れまで落とす事ができます。

口臭予防にはこのように様々な方法があるため、あなたに取り入れやすい方法でまずは行っていくと良いでしょう。