加齢臭の原因と対策について

年齢を重ねて加齢臭が気になるという方もいると思います。加齢臭は中高年になると生じやすくなる臭いです。

加齢臭 イメージ

不規則な生活習慣や高血圧、ストレスなどが原因となっており、背中、耳の後ろ、後頭部、頭などから主に生じます。

その臭いの原因はノネナールという物質である事が分かっており、これをお風呂などできれいに洗い流したい所ですが、水に溶けにくく、シャワーなどで落ちにくい物質です。

加齢臭対策は生活習慣から

加齢臭対策としては、前述の臭いが発生しやすい部分を丁寧に洗うという事です。

ノネナールは落ちにくいとは言っても、落ちない訳ではありません。

丁寧に洗う事で落とす事ができるので、少し時間をかけて丁寧に洗うようにしましょう。また、最近はこうした加齢臭を意識する方も多くなっており、加齢臭対策用のシャンプーやボディシャンプーも市販されています。こうした物を使用するとよりノネナールも落としやすくなるためお勧めです。

より根本的にノネナールの対策をしていきたいと思った場合には、生活習慣の改善が必要となります。

多くの場合、原因となっているのは食事です。脂分の多い食事や塩分の多い食事は高血圧などの元になり、加齢臭に繋がります。できるだけ野菜を多めに取り入れた健康的な食事に切り替えるようにしましょう。

また、ビールなどのお酒も日常的に飲んでいる方が多いですが、飲み過ぎはやはり同様に良くありません。飲むペースを落として、休肝日も作ると良いでしょう。

また、運動をするのもお勧めです。運動をすると体の代謝が良くなり、体内に溜まっている老廃物や毒素を排出しやすくしてくれます。食事を規則正しいものに変えて更に運動を行えば、その効果はより高くなります。

やりたい運動があればそれを行うのも良いですし、ウォーキングなどの始めやすいものから行うのもお勧めです。あまり最初から大掛かりに始めてしまうと継続が難しくなる事も多いので、少しずつ負担になりすぎない事から始めていくと良いでしょう。