体臭がきつくなる食生活について

体臭の大きな原因になるものとして食生活が挙げられます。食べ物は体内に取り込まれる事で栄養になりますが、不要な物は老廃物として体外に排出されます。

2a_hairremoval_02

この際に汗として排出される事があり、老廃物が臭う事で体臭もきつくなる事があります。

体臭がきつくなりやすい食べ物

臭いがきつくなりやすい食事として代表的なものに、脂っこい食事があります。

特に動物性タンパク質が多く含まれている肉類は沢山食べると臭いの元になりやすいです。肉類は若い方も好きですが若い方よりも中高年の方に体臭は生じやすいです。

若い方は肉類を食べてもしっかり分解できるため臭いとして残りにくいのですが、中高年の方はこうした体内での分解機能が弱まってくるため、臭いがきつくなりやすいのです。

また、辛い物も食べ過ぎると臭いとして生じやすくなります。

辛い物の例としてはキムチがありますが、辛さが強い物はそれだけ刺激が強いという事です。その刺激の強さは臭いにも出やすく、汗の成分に含まれやすくなります。

辛いもの好きな方も日常的に食べている方が多いため、あまり過剰に摂りすぎないようにしましょう。

また、にんにくなどの元々臭いがきついとして知られている物を食べる際も注意が必要です。

時間を十分空けて時々食べる分には問題ありませんが、こちらも日常的に摂っているとその成分が体内に残って蓄積されるようになります。蓄積されて体内に残っているこうした成分は体臭として常に臭いを放つようになってしまうので、なるべく間隔を空けて、量もなるべく注意しながら食べる事をお勧めします。

食事中に水分を多めに摂るのも大事

臭いの原因となる食べ物は↑このように多くあるため、気を付けて食事のバランスを改善するように気を付けると体臭も抑えられていきます。

また、合わせて水を多く飲むようにすると老廃物などが尿として排出されるようになるため、臭いの軽減に役立ちます。

すぐに健康的な食事に大きく変えるのは難しいかもしれませんが、できる事から始めていきましょう。