男のニキビにはどんな種類がある?

男のニキビにもいろいろな種類とそれぞれできる原因があります。

2c_acnecare_01

代表的なニキビの種類をあげてみましょう。白ニキビは【閉じたニキビ】といわれています。肌に白く小さい吹き出もののように現れるのが典型であり、一番ポピュラーなニキビといえます。

黒ニキビは、毛穴が詰まってそこに皮脂が溜まり、それが肌の表面に押し出されてできるニキビです。専門的には【開いたニキビ】と呼ばれており、肌が余分な皮脂を過剰に出し過ぎた時にできるニキビです。皮脂が外気に触れて黒く変色するので、黒ニキビと呼ばれています。

この他にも、しょうりゅうやのうほう、黄色ニキビ、赤ニキビなどもあります。

また、できる年代によってその原因は違うと言われています。思春期真っ盛りの子どものニキビと、30代の大人にできるニキビとは見た目が同じでもできる理由が全く異なるのです。

大人ニキビについて

大人ニキビは男性ホルモンが優位の状態になることで、毛穴に皮脂などが詰まることが主な原因とされています。

肌の乾燥によって角質の水分量が減ると、バリア機能が著しく低下することにより、ニキビの発生により拍車がかかってしまうのです。予防には、ホルモンバランスと保湿が必要です。

肌の乾燥を避けながら、女性ホルモンが優位となるの状況へ導くことが最も重要なのです。

思春期のニキビについて

思春期にできるニキビは、まだ未熟な毛穴に皮脂がたまることで発生するものです。

皮脂の量をうまくコントロールすることで予防、そして治療ができるのは、思春期にできるニキビのみといわれています。思春期のニキビは自然現象の範囲内ですが、酷い炎症を起こした場合は治療が必要になるケースもあるので、症状が悪化した場合には、必ず医師の診察を受けましょう。

先に述べたとおり、ニキビは年代、進行度などの諸条件によって必要な対処に違いがあります。

特に思春期にできるニキビと、大人ニキビには発生のメカニズムに決定的な差異が存在します。思春期ニキビは皮脂を発生をコントロールする丁寧な洗顔が不可欠であり、大人ニキビは乾燥した肌、そして男性ホルモンの増加が主な原因です。これをしっかりと理解し、予防や治療をすることが大切なのです。