男のビール腹・下腹のたるみをダイエットで改善

メタボやビール腹など、お腹周りは贅肉が非常に付きやすい部分です。

b_plump_01

男の人にとっては一番贅肉が多い部分であり、年齢とともにお腹が出てきて悩む方もいます。また、着痩せしていても実はお腹が出ている男性も少なくありません。

お腹は最もダイエットさせたい部分の一つですが、その方法はとても多く存在します。肥満を解消し理想的なウエストを実現させるためには、カロリーのコントロールと運動、呼吸方法の3つが大きなカギを握ります。

カロリー制限+運動は必須

カロリーコントロールは基本的なダイエット方法の一つで、食事の脂肪分を減らし、カロリー摂取量を制限することが重要になります。

食事は低カロリーで栄養満点の物を優先して食べましょう。魚や大豆、乳製品はタンパク質も豊富で、ほかにも体に必要な栄養を多く含んでいます。

カロリーも控えめになっているため、ダイエット中はこれらを意識して食べることをおすすめします。

カロリーを制限するだけでなく、運動によって消費することも大切です。

運動とカロリーコントロールは2つで1セットと考えるのがよいでしょう。

ウォーキングや水泳など、有酸素運動が効率的にカロリー消費できます。お腹のダイエットには一番効果のある方法です。気軽に始めるなら、ウォーキングやジョギングがよいでしょう。

有酸素運動はやりすぎると却って体に普段をかける場合もあります。そのため、1日15分~30分を目安にしましょう。たとえ短時間でも毎日続ければ脂肪を燃焼することができます。

腹式呼吸は脂肪燃焼効率が高い!

腹式呼吸もお腹のダイエットに効果を発揮します。複式呼吸は脂肪燃焼の効率が高く、すぐに実践できる方法です。

まず鼻から息を大きく吸い、10秒間ほどそのままの状態を維持します。その後少しずつ息を吐いていきますが、しっかりお腹をへこませましょう。息を吐き終わったら、この状態をさらに10秒キープします。

内部からお腹を鍛えるため、これを何度か繰り返せば効率よく余分な脂肪を燃焼できます。暇を見て実践してみましょう。