男のムダ毛処理を自然に仕上げる方法

男のムダ毛処理は非常に難しいとも言えます。自然な仕上がりにするためには、ムダ毛処理の方法自体しっかりと考えなければいけません。

ただ単純にムダ毛をそり落としただけでは、ポツポツと黒い毛穴が目立ってしまうこともあります。腕やすね毛といった、目に見える部分のムダ毛に関しては特に注意が必要です。

処理方法を誤ってしまうと、余計目立つことになりかねません。自然な仕上がりを実現するためには、ムダ毛処理する場所によって方法を変えることが大切です。

自然な仕上がりのムダ毛処理の方法

ムダ毛処理の仕上がりを自然にしたい場合、全て毛を処理してツルツルにするか、逆に適度に残すか考える必要もあります。実際にどちらが良いかは人によって異なるため、処理後のイメージを思い浮かべるのも良いでしょう。

特に足や腕などは全て抜いてしまうと、却って女性に不自然なイメージを与えることもあります。ほかの場所の体毛が濃い方は、適度に残したほうが仕上がりもきれいになります。

全身の体毛の濃さを見ながら考えてみましょう。

ムダ毛を抜くのではなくブリーチする

自然さを重視するなら、ブリーチで脱色してしまう方法もあります。特に普段ムダ毛処理をあまりしない方、効率的な処理方法がわからない方におすすめです。体毛を脱色する家庭用ブリーチがドラッグストアなどで販売されています。

すね毛や腕毛など元々濃い部分に関しては、抜くよりも仕上がりが自然になることがあります。

ブリーチは毛の色そのものを薄くするだけです。定期的に脱色する必要があるので注意しましょう。肌が弱い方にはブリーチ液の刺激が強すぎる可能性もあります。説明書を読んだりパッチテストを行い、肌への刺激を確認しておきましょう。

毛が薄い方は、抜いてしまったほうが仕上がりがきれいになることもあります。

脱毛器などを使って定期的に処理してみましょう。脱毛器まで必要性を感じないときは、除毛クリームを使う方法もあります。元々毛が薄ければ仕上がりも自然になりますし、処理自体も簡単にできます。

指先など、部分的に除毛クリームを使うのもおすすめです。